マグロ語源をご存知ですか?マグロには様々な種類がいますが、その語源はまさにダジャレの様なものでした。

今回の雑学では、マグロの語源についてご紹介します。

マグロの語源

大きいものでは重量300kgをも超えるマグロ。漢字では「」と書きますが、有の時には「周りを囲む」という意味合いがあり、回遊魚であることを指しています。

では代表的なマグロの種類の語源をご紹介しましょう。

本マグロ

本マグロは別名、黒マグロと呼ばれます。単にマグロといった場合は、この本マグロを指す場合が多いです。

マグロは皮の色が真っ黒な魚です。そう、真っ黒だから「マグロ」なのです。

メバチマグロ

寿司ネタでも多く使われるのがメバチマグロです。ダジャレだと思って語源を考えてみてください。そうです。メバチマグロは、目がパッチリと大きい事からメバチマグロと名付けられたのです。

マグロは英語でツナと言いますが、メバチマグロは英語でビッグ・アイ・ツナ(目の大きいマグロ)と、そのままの意味で言われています。

ビンチョウマグロ

寿司ネタではビントロなどとも呼ばれるビンチョウマグロ。「ビン」とはヒレの事で、ビンが長いマグロだから「ビン長マグロ」というわけです。


意外にも見た目のまんまの名前を付けられている身近な魚。他にも面白い語源を持った生き物が多数いることでしょう。調べてみる価値はありそうです。