国歌斉唱合唱コンクールなど、いずれの場面も男女混合の大人数でのアカペラ、もしくはピアノ伴奏、というイメージが強いです。両者の違いは何なのでしょうか。

一人でも斉唱?

合唱と斉唱の違いは、楽器や歌い手の人数などによって分かれるわけではありません。歌にはメロディーがあり、ハーモニーがあります。分かりやすい例では、低音の男性パート、高音の女性パートなどです。

斉唱とはこのメロディーパートが男女同じものを指します。例えば国歌である『君が代』にはハモる部分が存在しないため、斉唱となります。

対して合唱とは、いくつかのパートによってハモる歌い方のことを指します。また、一人だけが歌う場合を「独唱」、複数の人がそれぞれ別のパートを歌うことを「重唱」といいます。