ドラえもんはのび太の孫の孫にあたるセワシくんが、ネコ型ロボットであるドラえもんをのび太宅に送ることからすべてが始まります。

ドラえもんの職業

大人になったのび太は、どこの会社にも就職する事が出来ず、仕方なく自分自身で企業する道を選択します。しかし火事で会社は倒産。約150年経ったセワシくんの代になっても、返せないほどの借金が残りったため、野比家の運命を変えようと、幼少時代ののび太のもとへ子守ロボットであるドラえもんを送り込んだのです。

ドラえもんはただの子守ロボットとして製造されているのではなく、立派な職業名が与えられています。その名も「特定意志薄弱児童監視指導員」。意志が弱く、何をやっても駄目な子どもを立派な大人に成長させる。それがドラえもんとしての務めなのです。