パイナップルを食べると、口の中がピリピリと痛くなる事があります。同じパイナップルでも缶詰のパイナップルを食べても口の中が痛くなる事はありません。何が違うのでしょうか。

口の中が痛くなる理由

パイナップルには「ブロメリン」という成分が含まれています。このブロメリンはタンパク質を分解する強力な酵素を持っています。人間の体はタンパク質で出来ているので、この酵素のせいで口の中のタンパク質が破壊され、痛みを感じるのです。

ブロメリンは熱に弱い性質を持っており、60℃程度で分解します。加熱殺菌処理をされている缶詰のパイナップルや、酢豚などに入っているパイナップルを食べても口の中が痛くならないのはこのためです。

しかしブロメリンは単にタンパク質を分解するだけではありません。関節炎などの炎症を抑えたり、感染症を防ぐ働きをしてくれたり、消化を助けてくれるなど、体にとって様々な良い作用をしてくれる酵素でもあるのです。