いく網もの安全管理がなされた航空機(飛行機)ですが、万が一のトラブルは免れることは出来ないものです。

そんな飛行機トラブルの最も危険度の高いものとは何なのでしょうか。また、最上級のトラブルの際はどのようにして対処されるのでしょうか。

人命を再優先に考えることには違いないが・・・

飛行機トラブルで最上級のものは何かと聞かれたら、それは墜落であることは間違いないでしょう。

何らかのトラブルにより不時着を余儀なくされた場合、パイロットは機内の燃料などの可燃物を可能な限り捨てながら、海や山などに向けて飛行する訓練されています。

これは万が一、墜落した事を考えた場合に、人命被害を最小限に抑えるための手段であるからです。

しかしいかなる手段を持っても安全な海や山に向かうことが出来ず、街などに不時着せざるを得ない場合、国際協議の取り決めにより、各国の空軍が飛行機を撃墜する事が許可されているとの事。

市街地に墜落して多数の死傷者を出すよりも、乗客パイロットだけに被害を絞るためかと思われますが、やはり考えると悲しくなってきますね。

あの9.11のアメリカ同時多発テロに利用された飛行機も、実はトラブルを起こして撃墜されたのでは?と推測される声も挙がっていますが、真相は定かではありません。