世界的画家として有名なピカソ。姓名はパブロ・ピカソで知られている彼ですが、その本名は驚くほど長いのです。

今回の雑学ではピカソの生誕から本名に至るまでをご紹介します。

ピカソの歴史

1881年10月25日、スペインのマラガに生まれた彼は、1973年に亡くなるまでの間、なんとおよそ14万8千点もの作品を制作し、ギネスブックにも登録されているほどです。

父は美術教師をしていたが、息子のピカソの絵の上手さに脱帽し、その筆を置いたとされる説があります。1892年にピカソが美術学校に入学すると、その2年後に父は画材道具をピカソに譲り、自らは画を書くことを辞めている。ピカソに対する嫉妬と賞賛の表れであると推測される。

ピカソの名前

キリスト教のクリスチャンは、洗礼を受ける際に付けられる名前がある。そのほとんどは聖人などの名前を自らの名前に足して付けられる。ピカソが生まれたスペインのアンダルシア地方では、名前が長いほど幸福が宿るとされるため、ピカソのフルネームは恐ろしく長くなってしまいました。それではピカソのフルネームをご覧ください。

ピカソのフルネーム

パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ

おまけに

ピカソは鳩をこよなく愛していた。妻でさえ入ることの許されないアトリエに鳩だけは入れていた。ピカソの愛人との間に生まれた娘には、鳩を意味する「パロマ」という名前を付けた。そんなパロマ・ピカソは、あの有名な宝石ブランドのティファニーで、ジュエリーデザイナーとして活躍している。