軟式硬式と言えば野球やテニスを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし2001年まで、卓球にも軟式ルールがあったのです。

軟式卓球とは

現在の公式ルールは、昔から確立されていた硬式球のルールに従って定められたものです。卓球と言えば中国というイメージが強いですが、卓球の起源はインドの「ゴッシマテニス」という遊びで、それが1880年代にイギリスに伝わり、卓球というスポーツに発展したとされます。

日本に卓球が伝来したのは1902年の事。イギリスから卓球の用具を日本へ持ち帰ったことが始まりとされています。その後、日本独自のルールである「軟式卓球」が流行しました。軟式卓球は硬式卓球に比べて次のような違いがあります。

  • ボールの直径は硬式よりも約2mm~3mm小さい、36.9mm~38.9mm
  • ボールの重さは硬式よりも0.6g軽い、2g~2.13g
  • ネットの高さが硬式よりも2cm高い、17.25cm

ネットが高く鋭いスマッシュが決めづらく、ラリーが続くため、試合時間が長引いてしまう事が多かったようです。このような事から、軟式卓球は2001年の旭川大会を最後に、そのルールは消滅してしまいました。