一見するとどちらも高級な料亭で出される料理であるようなイメージがありますが、実際のところは違いはあるのでしょうか。

今回の雑学では、懐石料理会席料理の違いについてご紹介します。

懐石料理と会席料理の違い

懐石料理

元々は禅宗の温めた石を懐にしのばせ、胃を暖かくして空腹をしのいだ事が由来とされます。つまりは空腹をしのぐための質素な食事が懐石料理であるとされます。

ちなみに「懐石」そのものが「料理」という意味を含んでいるため、懐石料理と書くと「懐石料理料理」となってしまいますのでご注意を。

会席料理

元々は茶会などで出されるコース料理が簡略化されたものが、現在の会席料理になっています。室町時代の貴族が客人に振る舞う豪華な食事を会席料理といっていましたが、現在では宴会の席で食べるような料理の事を会席料理ということが多くなっています。