カンガルーもワラビーも、いずれもカンガルー科に属する生物ですが、この両者の違いとは何なのでしょうか。
今回の雑学ではカンガルーとワラビーの違いについてご紹介します。

カンガルー

カンガルーは有袋類カンガルー目に含まれる生物です。
様々な種属が存在し、体長は25cm~160cm、体重は最大で85kg程度の動物です。

ワラビー

カンガルーの中で、それぞれの種の平均体重よりも約25kg程度軽く、小さなカンガルーに対してワラビーと呼びます。

つまり大人や子どもとは関係なく、小さく成長してしまったカンガルーがワラビーと呼ばれて分別されているに過ぎないのです。