オリンピック種目でもある新体操。新体操といえば女子が行う種目と思われがちですが、実は男子が行う新体操種目もあります。女子が柔軟性を魅せる種目であるならば、男子は力強さを前面に出してアピールする種目といえます。さて、そんな新体操は、何に対して「新しい」体操なのでしょうか。

新体操の歴史

新体操が競技として確立されたのは1950年代といわれます。この頃には新体操という名前は付いておらず、「手具をもってする音楽伴奏団体演技」という名称でした。確かにリボンやボールを持って音楽に合わせてリズミカルに演舞する競技ですので、そのままの名前が付けられたのです。

そして1963年には初めて世界選手権が開催されました。この時用いられた競技の英名が「モダン・ジムナスチックス」とされ、日本語に直訳して「新体操」となったのです。

しかし英名ではその後しばしば改名が繰り返されており、「モダン・リズム・ジムナスチックス」、「リズム・スポーツ・ジムナスチックス」と改名されていき、最終的に現在では「リズム・ジムナスチックス」と呼ばれています。つまり日本語では「音楽体操」や「リズム体操」となるべきなのです。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gakusha/gaku-sha.com/public_html/wp-content/plugins/microkids-related-posts/microkids-related-posts.php on line 645